ガーデン・DIY・工具 , DIY・工具 , その他,階段片手すり,H1100,/amoraic4108075.html,14593円,TSF-369・46(1S),作業用踏台用手すり,【TSFTE311H】TRUSCO,press.com.pk 14593円 【TSFTE311H】TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 階段片手すり TSF-369・46(1S) ガーデン・DIY・工具 DIY・工具 その他 ガーデン・DIY・工具 , DIY・工具 , その他,階段片手すり,H1100,/amoraic4108075.html,14593円,TSF-369・46(1S),作業用踏台用手すり,【TSFTE311H】TRUSCO,press.com.pk TSFTE311H TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 46 セール 1S TSF-369 階段片手すり TSFTE311H TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 46 セール 1S TSF-369 階段片手すり 14593円 【TSFTE311H】TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 階段片手すり TSF-369・46(1S) ガーデン・DIY・工具 DIY・工具 その他

TSFTE311H TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 46 セール 1S TSF-369 おトク 階段片手すり

【TSFTE311H】TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 階段片手すり TSF-369・46(1S)

14593円

【TSFTE311H】TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 階段片手すり TSF-369・46(1S)



●アルミ製作業用踏台の専用の手すりです。
●階段手すり、天場側両面手すりは左右どちらでも取り付け可能です。
●作業用踏台からの落下防止に。
●タイプ:階段片手すり
●適合機種:TSF(C)-369、4612
●手すり高さ(mm):1100
●組立式
●アルミ
●踏み台は別売です。
●質量:3.4KG
●原産国:日本

●発注コード:4879970

【TSFTE311H】TRUSCO 作業用踏台用手すり H1100 階段片手すり TSF-369・46(1S)

【代引不可】【個人宅配送不可】河村(カワムラ) enステーション(太陽光発電) ENT ENT 6262-3[KWD16346]

08月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

東京五輪では、コロナ禍の中で開催した日本政治の判断が問われた。かつて自民党と民主党の両方の政権で閣僚を務めた田中真紀子さん(77)は、どう見ていたのか。 ――今回の東京五輪は何を残したのでしょう 多くの選手が与えてくれた素晴らしい感動と、日…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

コロナの感染拡大で、今年のお盆も遠方の家族と会えない――。そんな寂しさを、「みーちゃん」のようなお人形が返事をしたり歌ったりしてくれれば、つかの間癒やしてくれるかもしれません。なぜって「みーちゃん」の声は、現実の4歳の女の子の声なのです。■…

新聞、テレビで見ない日はない「まん延防止等重点措置」や「医療ひっ迫」。これらの言葉には、漢字と平仮名が交じっています。「蔓」(まん)や「逼」(ひっ)は常用漢字でないためですが、この交ぜ書きに不自然さを感じる人は多いようです。産経新聞の元校閲…

事態は深刻さを増していることが明確になった。 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、地球温暖化の科学的根拠を示した報告書を公表した。世界の人々の暮らしを少しでも脅かさぬよう、温室効果ガスの削減を着実に実現しなければならない。 来…

気象の激甚化が進み、河川の氾濫(はんらん)や広範囲にわたる浸水が頻発している。週後半から週明けにかけても警戒を怠れない。 どこに住む人についてもその命とくらしの保護は国の使命だが、中でも人口が集積する都市部の住民をどう守るかは対策が急がれる…

滋賀県甲賀(こうか)市の杉本智恵子さん(98)は、戦後長らく手紙の束を自宅の蔵に秘してきた。「軍事郵便につき読むべからず」。箱にそう手書きしたのは、夫にも3人の子にも内緒にしたかったから。なのに孫が昨春、封を解いてしまう▼現れたのは、「軍事…

各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
現在シンプル
コースの方限定!
スタンダードコース(月額1980円)が
今だけ2カ月間980円!
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら